磯子小の皆さま、ありがとうございました。
 今日は小学校での手作りコスメ教室でした。アロマを楽しむというタイトルがあったので、アロマとは・・ということで、精油とフレグランスオイルをいくつかチョイスして行きました。美容オイルのボトルを忘れて取りに家に戻る、水分量が多すぎてバスボムがまとまらない等、おまけに時間もオーバーしてしまうなどトラブルもあり凹みましたが、最後のリップグロス作りは大いに盛り上がりました。

少しでも自分自身と化粧品のありかた、香りの楽しみ方等を見つめ直していただけたら何よりです。自然のもの、化学のもの、それぞれにそれぞれの価値が存在しています。売っているものをオートマチックに買い求めるのではなく、実は簡単に手作りできるという楽しやさ驚き、体験していただければ幸いです♪

成人の役員の皆様、朝早くから準備や片付け、ありがとうございました。まとめ役のS様、ありがとうございました。今度は是非石けん教室にもお越しください、お待ちしています♪
| soaplab | 教室日誌 | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
マルセイユ石けん教室のレポート
500gバッチで作るマルセイユ石けんのオリーブの量は360gですが、それに対して残りの140gの分配をどうするかが、ちょっと頭の悩ませどころではありませんか??

硬さを出すパームが70、泡立ちのココナッツが70と均等に分けてみたり、オリジナルレシピに忠実にパーム140gにするか、などちょっと立ち止まってしまいますよね。オリーブの配合が多いと確かに溶け崩れるし、泡立ちも細かいけど泡持ちがしない、という難点があります。

経験から言うとやはりココナッツとパームオイルがきちんと良い具合に配合された石けんは溶け崩れも少なく、泡立ちも良い石けんができることが多いです。今回もマルセイユ石けんがテーマだった3月のレシピを考えていたところ、パームでしっかりと硬さを出しつつ、ココナッツの泡立ちの特性を持ったミリスチン酸を20gばかり配合してみました。

マルセイユということで時間に限りのある教室ですので、本当はあまり使いたくないのですが(ただ単に洗い物が増えるのがいや、というだけの理由)、ブレンダーを念のため持参。アルカリと油脂を混ぜるとあっという間に白濁して、トレース寸前のタネのようになりました。ちょっと焦りましたが、その後は割とゆっくりと、通常のレシピより少し早い仕上がり位で終わりましたが、さすが単純脂肪酸!と感心。ステアリン酸もそうですが、使い過ぎには注意。硬過ぎて切り分けの時にひびが入ったり、ドカンマッシュで泣くことになります。

レモングラス、グレープフルーツの精油に、クセのあるクローブをほんの少しだけ落として香りに広がりをつけました。型から出したところ、硬さもきっちりと出たキレイな石けんです。ブレンダーは使わずじまいでした。

念のため2カ月ほど寝かしてから使ってみたいと思います。感想はまたその頃に。
| soaplab | 教室日誌 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
セミナーの報告
豚インフルの影響で、もしたおさんが足止めを食らったら?ということをすごく直前で気がついて焦りましたが、無事日本に到着した翌日にも関わらず、待ち合わせ場所にさわやかに登場したたおさん。ちょっと怪しげな、曇りっぽいような晴れっぽいような、やはりなんとなくどんよりとした中、ゲストが続々といらっしゃいました。

まずはディスプレイしたFOやM&Pで香りづけした石けんをクンクン。皆さんかなり真剣に嗅いでます(笑)。年頭に行ったモニター石けんもすべての物を持参して、FO単体での香りとかれこれ数か月経過した石けんの香りをかぎ比べたり、嗅ぎ過ぎてわからなくなった、という声も・・びっくり





今回は参加したかったけど、予定がつかず・・という方が意外に多く、大先輩講師のみいさんと私とたおさん+ゲスト8名というこじんまりとした集まりになりました。私としてはもう少し集客したかったけど、この密接感はゲストには超ラッキーだったと思います♪

たおさんの講義は「フレグランスオイルのすすめ」ということで、たおさんが考えるフレグランスオイルと石けん作りなど、実体験に基づくお話を聞かせてくれました。



例えば、EOとの違いはFOには価格の変動があまりない、FOには精油には出せない遊びがある、効能など気にせず香りを楽しめるなどなど。もっと色々ためになる話もありましたが、出席者だけのお楽しみ、ということで(笑)。

さてさて、お話の次はいよいよエアーフレッシュナー作りに挑戦!とは言えど、ウォッカにレモンバーベナ、オリーブ、フリージア、ユズの4つを好きな分量で入れておしまい。と、この簡単さに反比例するようなうっとりするフローラルの香り!!皆さん気がつくと笑顔になっていましたよ。香りで幸せになれるってことを数々の笑顔を見て実感。でも本当にこれを読んでいる人のPCモニターから香りが出ないのが残念なほど良い匂いでしたよ♪



感慨深くお話を聞いた後は、クイズ大会!全8問の出題です。難しい・・と漏れる声数知れず(笑)。ちょっとマニアックすぎましたねー。

例題1:精油になるブルガリアローズは一日のうち、いつ摘まれるか?
〜當から朝10時 昼から夕方4時頃 F没から11時 た写襪ら夜明けまで

例題2:糞臭がする不快な匂い物質「インドール」は希釈するとどんな匂いになる?
.哀蝓璽鷏蓮´柑橘系 フローラル系 ぅ爛好系 ゥΕ奪妊7

例題3:10億円規模を誇る世界六大香料会社のある国は、アメリカ、オランダ、スイス、ドイツともう一つはどこ?(うち2社はスイス)
.侫薀鵐后´▲ぅリス オーストリア て本 ゥ戰襯ー

答えは記事の一番下をご覧ください。

あれ?受講者に混ざって真剣に答えを考えるたおさん発見・・・。




座談会では皆さんの石けん作りと香りの経験の話や、FOの量はというのはいつ誰が決めたのか?など疑問も色々。ユズやサクラ、グリーンティといったジャパニーズな香りが人気のアメリカだそうですが、アメリカがイメージする日本の香りとのギャップなども面白いですね。実際に桜はそんなに香るものではないですし。エリザベスアーデンのその名も「グリーンティ」というコロンがちょっと前に日本でも流行ってました。これぞ逆輸入。アメリカ人の好きな香りはフローラルとフルーツが大きく二分するのではないか?という私の勝手な説やら、秋を過ぎるとフルーツとスパイスのホリデーちっくな香りに包まれるアメリカの家庭などなど、本当に色々な要素の話を皆さんでうなづいたり、へ〜ッと感心したり。

クイズの正解者、上位三名に賞品授与、1位二名、2位三名だったため、じゃんけん大会に(笑)。ちなみに最高は3/8問、2位は2/8問でした。もっと考えましょう、私・・。サービス問題とかも考えたんだけどなー。ちなみにたおさんからレギュラーサイズの石けんとサシェを上位三名に!残りの方は残念賞でミニサイズの石けんと、お土産として全員にフワフワのタピオカパウダーを頂きました。

短い時間はあっという間に・・楽しいから短く感じた、とまとめておきます♪


予定にはなかったのですが、時差ボケも抜けきらぬたおさんをお誘いしてさらりと港の見える丘公園を散策。隠れたバラ園・・造り込んだイングリッシュガーデンとはちょっと勝手が違いますがバラがきれいでした〜!ラベンダーには蜂がブンブンしていたのに、バラにはほぼ皆無・・とたおさんがポロリ・・家庭のバラとは違うので農薬もしっかり使われているんだと思います。ちょっと複雑ですねー。絵を描く人々がそこいらにいました。きっと描いている間は心も「無」になるんでしょうね。私もここ数年やってみたい習い事は水彩画なので、そのうち挑戦しようかと。トイレの横にあったつるバラ「アイスバーグ」には虫がついていましたが、さらにそれを食べてくれるテントウムシの幼虫がいたり、健康な状態の植物には健康な食物連鎖が存在することが何となくホッとしたりして。

たおさんもお疲れのようなので駅まで送り届けた後は、みいさんとセミナーに参加してくれたさっちゃんとあゆみちゃんと4人でモトヤのパンケーキを頂きました。そして3時ごろ解散。

2月から始めた企画もやっと終わりました。反省する点も多々あり、またそれを活かして色々なイベントもやっていきたいと思います。

今回参加していただいた方には心より感謝を申し上げます。
どうぞまた何かの機会にお会いできればと思います。
一番遠方(南半球)からいらした、マチコさま、本当にありがとうございました。

そしてたおさん、本当に素敵な時間をありがとうございました♪
皆さんお腹一杯でとても喜んでいました♪

私たちもパンケーキ食べきれず、お持ち帰りする人も・・(笑)
________________________


クイズの答え
1:〜當〜午前10時頃 ・・この時間の香る値を100とすると、正午には30%、夕方には70〜80%もの香りが消失してしまう。ブルガリアでは5月末から約三週間の間のこの時間、地域の老若男女総出でバラ摘みが行われる。
あてずっぽうに答えないとならない設問の中、この問題は高正解率!なんとなくわかるような気がしますよね〜。


2:フローラル系・・パヒューマーと呼ばれる調香師は、数千種あるうちの60から100の合成香料をブレンドして香りを作り上げる。ジャスミンにはインドールが3%ほど含まれている。
怖いけど「インドール」嗅いでみたいです


3:て本・・高砂香料株式会社。 スイス(ジボダン社、フィルメニッヒ社)、アメリカ(IFFアメリカ社)、 ドイツ(シムライズ社)、オランダ(クエストインターナショナル社)
もくろみ通り、問3は正解者1名の超引っかけ問題。だって・・フランスいきたいでしょ、普通に!ここにも日本の誇れる技術があるなんて、ちょっと意外で自慢ですよね♪
| soaplab | 教室日誌 | 22:15 | comments(12) | trackbacks(0) | - | - |
石けん教室レポ:昨日はお試しクラスでした
ここ最近暖かい日が続きます。石けん教室の日は雨だと遠くから来ていただく方の気持ちを考えると、やっぱり晴れていてくれた方が気持ち的に楽です。昨日も暖かく気持のいい1日で、料理室の暖房は結局入れずに済みました。日当たりもいいのよね・・。

1名の方はお子さんが病気で欠席、1名の方は開始時間と終了時間を間違えていてだいぶ遅れてしまったのですが、これから行きます!という意気込みだったので、では気をつけて、とお待ちすることに。

今回はお一人を除いて石けん作りは初めて、というメンバー。念入りに説明をしました。でも初めてのことだと聞いてる方はついてくるのに必死だと思います。後々合点が合うというのかな、そんなことも毎回フォローしております。

先月末に近くの小学校のPTA関連の行事で、手作りコスメの講師として招かれました。そこから興味を持たれて参加してくれた方は「苛性ソーダ」の取り扱いが怖い、とかなり緊張されていました。ちゃんと取り扱えば怖いことないんですけどね、やっぱり用心はしておいたに越したことはありません。

無事にゆるめながらトレースも出たところでラベンダーの精油で香りづけ、そんな時に1名遅れて登場しました。なのでリップ作りはみんなで一緒にできました。ビーカーに残ったリップをみんなでぬりぬり。リップと言えど、指先からヒジ、ヒザ、髪の毛までOKです。気づくとジーンズをまくりあげて膝から下にぬり込む方も!いや〜、素晴らしいの一言でした♪

その後、遅れて登場した生徒さんとマンツーマンでいろんな話をしながら、んでいろんな共通点もあったりして♪先の生徒さん同様、ベーシック石けんを作り解散となりました。

参加した皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。


1期生は前回で基本コースが終わりました。でもまだ「次はなんだっけ?」とキョトンとしていることも多々あり、あーん、もう覚えてね〜〜とまだまだ目が離せない・・(笑)。最後の回の創作ソープはかなりいろんなオイルを投入しておりました。気持はわかる、うん。

いつも写真をとろうと思いつつ忘れてしまいます・・。
次回は!ぜひ!

来月の予定・・

4月15日、応用コースではマーブルソープを作ります。

石けんを作ったことがない、という方は4月14日(火)の基本コースへの参加をお勧めします。こちらの日程では、オレンジ色の石けんとシトラスのエアーフレッシュナーを作ります。

単発参加はいずれも4500円です。

時間11時より13時

竹之丸地区センター料理室にて


リンクメニューの「お問い合わせフォーム」よりどうぞ。
| soaplab | 教室日誌 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バレンタインのチョコ石けん
久々のブログ更新になります。

今日は第四回目の教室でした。CP法で作る石けんは四週間ほどの熟成を経て、実際に体に使えるようになります。好みですが数か月置いた方が更に水分も飛び、泡立ちもよくしっかりとした石けんになります。香りはこのころには薄くなってしまっていることも多々ありますが。

今日からひと月経つとバレンタインですね。チョコレートの石けんを作ろうと考える方も思います。教室でも普通にココアパウダーとチョコレートのFOでチョコレート石けんを!と思いましたがどうせなら、とケーキっぽく仕上げることにして4〜5日前から試作づくりに取り掛かりました。


まずケーキに散らす具をM&Pで作ります。細いチョコレートバーは二酸化チタンを入れてマットに仕上げココアパウダーで色付け、さらにココアパウダーでコーティング。今はシーズンに差し掛かっているのでダイソーでも色々な材料が入手できます。ハートにLOVEの文字のあるモールドもここで見つけ、薄めに仕上げトッピング用に作成。


ちょっと大変だったのが、クリームを作る際に意外とタネがゆるくなかなか好みの固さにならず苦戦したこと。これは実際にクラスではブレンダーの登場となり時間もどうなる?と最初ヒヤヒヤしましたがさすがブレンダー。ホントにホイップクリームみたいな固さになってくれました。

今日は一名お休み、その代りに一名が単発参加、途中学校のPTAでの講習会を検討したいという方たち3名がクラスにやってきたりして賑やかで楽しいクラス。盛り付け?もそれは楽しそうでしたよー。パウンドケーキ型1つ、カップケーキ型5〜6個はできたかな?それに加えてハンドミルソープでトリュフ石けんを一人4個に箱をつけて、おまけはヒアルロン酸入りのフラワーウォーター化粧水を作って、皆さんお腹一杯で帰られていきました。



前回は12月だったこともあり、換気扇の掃除にはちびた石けんをなどと余談でしていたのですが、ある生徒さんが実は全く信用していなかったらしくてそれをやってみてすごく汚れが落ちた!と感動してました・・ホントだったのね、と(笑)。
| soaplab | 教室日誌 | 21:40 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |